花は人の心をいやす

スポンサーリンク

花の花言葉

花にはそれぞれ「花言葉」なるものが存在します。一見、美しい花でも実はネガティブな意味の花言葉を持つ花もあるので、女性にプレゼントする際には注意が必要です。また薔薇のように本数で花言葉が変わる花もあります。108本の薔薇が持つ花言葉は「結婚してください」です。12本は「私と付き合って下さい」です。しかし13本は「永遠の友情」です。1本間違ってしまうとまったく別の意味になってしまいます。

ORANGE RANGEの花の歌詞

アーティストのORANGE RANGEのヒット曲に花という曲があります。この歌は当時、「今会いにいきます」の主題歌となり、映画のヒットに一役かいました。歌詞は映画の内容とリンクしており、非常にせつない内容となっています。愛をうたう歌です。花びらのように散りゆく中で夢みたいに君に出会えた奇跡という歌詞からはじまります。花びらを人の命に例えて歌っているようです。

滝廉太郎の花の歌詞

滝廉太郎が作曲した歌に花という有名な歌があります。学校の音楽の時間やテレビなどで誰もが耳にしたことがある歌ではないでしょうか。春のうららの隅田川ではじまる春のさわやかな情景が思い浮かぶ歌のひとつです。

スポンサーリンク

花の育て方

日本だけでみても花の種類は数えきれないほどたくさん存在しています。別々の花同志を掛け合わせた新種やレインボーの薔薇なども開発されています。花は寒さに弱いもの、乾燥に弱いものなど様々でその育て方もばらばらです。基本的には種や球根、苗などを土に植え、水をあたえ日光の光を当てて育てます。光が足りないと光合成がうまくいかなかったり、水が多いと根が腐ってしまうこともあるので注意が必要です。

花の作り方

幼少期には誰もが幼稚園で折り紙をして遊んだ記憶があると思います。チューリップは作り方も簡単です。まず正方形の折り紙の角と角を合わせ三角に折ります。その後その両端をそれぞれ上に向かって折ります。それだけで完成です。また、小学校の運動会などで必ず使用する紙花もよく作るお花のひとつです。数枚の紙を重ね合わせたものをじゃばらに折っていき、真ん中を輪ゴムでとめます。それを両側から1枚ずつていねいに開いていきます。最後にカタチを整えて完成です。

花の構造

花はそれぞれ色、カタチ、花びらの数などが違います。しかし主な構造としておしべやめしべがあり、花弁、柱頭などがあります。裸子植物と被子植物では構造が大きく異なる部分もございます。

花の市場

花は野菜や鮮魚類などと同じように市場で購入することができます。セリが行われ、安く生花を仕入れることも可能です。花は非常に繊細です。水の量も多すぎても少なすぎても傷んでしまう可能性があるのでやさしく、適切な取り扱いを心がけます。

花の種類

花の種類は「花の咲く植物」の数と同じです。それで数えていくと、世界中に約20万種以上あるようです。

スポンサーリンク