警察はどんな風になっているか

スポンサーリンク

警察の組織図

警察の組織は、内閣総理大臣を頂点としその下部に内部部局が配置されています。都道府県ごとでは県知事や東京都知事を頂点としその下部にそれぞれの公安委員会があり、その末端には私達がお世話になる駐在所が配置されています。

警察の取り締まり

警察は日常的に取り締まりを行っています。「春の交通安全運動」などと銘打って、取り締まりを強化する期間があります。飲酒運転に対する取り締まりもどんどん強化されており、酒気帯び運転や飲酒運転による交通事故も減少傾向にあります。

警察への苦情

警察署へは日々、何件もの苦情の声が寄せられます。「近所にゴミ屋敷があって困っている」「隣の家が騒がしい」「家の敷地に鳩が大量にフンをして困っている」など、その苦情は多岐に渡ります。警察では見回りや現地への訪問などを行い、問題が解決するよう務めています。

警察のマーク

誰もが日常生活やドラマなどで見たことのあるあの警察のマークを旭日章といいます。それは日本の警察の他にも多くの日本国内の国家機関にて使用されています。簡単に日章と呼ぶこともあります。

スポンサーリンク

警察の階級章について

警察官にはそれぞれ階級があります。その階級によって階級章を身につけています。中央には警察のシンボルマークである旭日章が。他には色や左右にあるバーの数が異なります。実務経験の年数なども関係しています。

警察の電話番号

通常、どこかに電話をかける場合はお金がかかります。公衆電話などがわかりやすいですが最低でも10円を持っていないとどこかに電話をかけることはできません。しかし何か事件などに遭遇した場合でも迅速に通報、連絡ができるよう仮に携帯電話が料金未納などで止まってしまっていても警察へは電話ができるようになっています。公衆電話からは受話器をとり、赤ボタンを押してから110をダイヤルして下さい。

警察の無線の周波数は?

よくテレビドラマに出てくるような警察の無線の傍受をしてみたいと思う人がいるようですが、実際はかなり難易度が高くほぼできないようです。周波数は調べれば比較的すぐ分かるようですが暗号化などの複雑な処理がされているようです。かなりの専門的な分野になるので一部の傍受マニア以外は手を出せない世界です。

警察署は私達の平和な毎日を守ってくれています。そのため、日本は世界でもトップランクの治安の良さを誇っています。毎日ニュースでは殺人事件や強盗、交通事故などが多発していますがこれからも子供達の未来を守っていき、より住みよい街を作りあげて欲しいと願います。最近では高齢者による交通事故が増えているようなので対策を強く願います。

スポンサーリンク