会社って何だろう

スポンサーリンク

会社のスローガンの役割

会社で掲げるスローガンのことを企業(または経営)スローガンといいます。
スローガンとはある団体の主義・主張を短い文句で表したものです。
企業スローガンを掲げることにより、会社名だけを表示するよりも印象に残り顧客の興味をひきやすくします。
また、優れたスローガンを作れれば、それはとても有力な広告にもなります。
今日では大企業から中小企業まで多くの会社がスローガンを掲げており、会社だけではなく商品ひとつひとつに対してスローガンを作成している会社も見受けられます。

会社の組織

そもそも組織とは、共通の目標を持ち、目標達成のために協力し働く複数の人々の行為やコミュニケーションによって構成されるシステムのことです。

会社とはまさに複数の人間が目標達成のため協働している組織であり、それらが機能して会社は成り立っています。

会社の組織図

組織図とは組織部門の編成、職位の相互関係や責任と権限の分担の系列、指揮、命令などが一目でわかるように組織の構造を図で示したものです。
会社であれば、株主総会や取締役などの立ち位置が一目でわかるようになっています。

スポンサーリンク

会社役員とその役割

会社役員とは「取締役」「会計参与」「監査役」のことです。
それぞれの役割を説明していきます。

まず、「取締役」です。
「取締役」とは会社の方針などを定め、会社運営をしていきます。また、「取締役」と「代表取締役」は別であり「取締役」は「代表取締役」を選任・解任する権限があります。その他にも「代表取締役」の監査もします。
重要事項の業務執行における意思決定をすることも「取締役」の仕事です。

次に「会計参与」の役割についてです。
「会計参与」とは言葉の通り会計に参与する仕事です。
「取締役」と協力して会計書類などを作り、会社の会計が正しく行われるようにする仕事です。
また、会計書類作成だけにとどまらず、帳簿付けなども「会計参与」が行います。

最後に「監査役」です。
「監査役」は株主総会から選任されます。
主な役割は「取締役」の職務の執行を監査することです。
その中でも「業務監査」と「会計監査」を行います。
「業務監査」とは取締役の職務に違法性がないかを監査します。
「会計監査」は株主総会に提出される会社の計算書類に間違いがないかを確認します。
また「業務監査」「会計監査」の結果を報告書にまとめ株主総会に提出する義務があります。

以上が会社役員の業務内容になります。

スポンサーリンク