スピーカーの仕組みと接続方法

スポンサーリンク

スピーカーとは

スピーカーというのはラジオやテレビ、オーディオ機器などで音楽や音声を生み出す機械の総称です。
別の意味としては、会合や講演会などにおける話し手を意味する言葉として使われることもあります。

スピーカーの構造

スピーカーは多くの場合、振動板、コイル、磁石から形成されています。
コイルに電気信号を流すことで、振動板が振動して音を発します。

スピーカーの原理

スピーカーはフレミングの法則を利用して作られています。
フレミングの法則によって電気信号を音へと変換し、発声させることで音楽や音声を流すことを可能にしています。

スピーカーの仕組み

スピーカー内部に存在するコイルに音声信号による電流を流し、フレミングの法則によって発生する力を振動板に伝えます。
振動板の振動が空気圧の変化となり、音楽や音声へ変換される仕組みでスピーカーは成り立っています。

スピーカーの設定

スピーカーでは音楽や音声のボリュームや音質の設定を行うことが可能です。
スピーカーとして利用する機種により様々な設定を行うことが可能で、物によっては低音や高音の調整、ノイズキャンセリングなどを行うことも可能です。

スポンサーリンク

スピーカーの接続方法

スピーカーはパソコンやテレビ、DVDプレーヤーメディアプレーヤーなどと接続することが可能です。
パソコンと接続する場合はUSBケーブルを通して接続するのが一般的です。
テレビやDVDプレーヤーに接続する場合はオーディオケーブルと呼ばれる専用のケーブルを利用するのが一般的とされています。
また、iPodやウォークマンのようなメディアプレーヤーと接続する場合は、3.5mmステレオミニプラグケーブルを利用することが多いですが、端末により違う場合があるので、自分の所持している端末に対応したケーブルを利用して接続する必要があります。

スピーカーの音が出ない場合の対処法

スピーカーから音が出ない場合は複数の理由が考えられます。
一番多いのは差し込み不足です。
スピーカーに接続しているケーブル全てがしっかりと奥まで刺さっているのか確認する必要があります。
多くのケーブルは最後まで差し込むと手ごたえがあるのでわかります。
次に多いのが断線です。
ケーブルの中のコードが切れてしまっていて電気信号を受信できない場合があります。
この場合はケーブル自体を買い替えるのが最善です。
他にもケーブルプラグのサイズが同じなため差込口を間違えている場合もあります。
説明書を確認し、正しい場所に正しいケーブルが接続されていることを確認する必要があります。
ここまで確認していずれも該当していない場合は故障している場合があります。
故障の場合はメーカーの修理に出すか、新しいものを購入することになります。

スポンサーリンク