2018年菜の花情報

スポンサーリンク

日本一の菜の花まつり

北海道は滝川市のたきかわ菜の花まつりが157ヘクタールで広さ日本一となっています。
北国だけあって菜の花の見頃としては遅い5月中旬に開催されて、広大な黄色い絨毯と地元の特産品を楽しむことができるでしょう。

菜の花畑は何を作っているの

菜の花は、アブラナ科の花の総称で、油菜の名前からわかるように、種から油を採ったり蕾を食べるために菜の花を植えたのが菜の花畑です。
春の訪れとともに黄色い絨毯のように広がる光景から、景観用としても植えられるようになっています。

菜の花のおひたしの作り方

新鮮な菜の花を沸騰したお湯で茹であげます。
たっぷりのお湯をしっかりと沸騰させることがポイントです。
菜の花に色ムラがなくなったら冷水につけてくさだい。
水気を切って出汁醤油に浸したら完成です。

おひたし以外の菜の花料理

菜の花料理としては、サラダやパスタ、炊き込みご飯に揚げ物があります。
菜の花はアクがありますので、揚げ物以外は茹でた上で調理します。
ほろ苦さが春を感じさせる料理たちです。

田原市で開催される菜の花まつりの見どころ

愛知県田原市の渥美半島菜の花まつりは、毎年1月から3月末まで開催されています。
期間中は、渥美半島のあちらこちらで菜の花を見ることができ、中でも一番の菜の花スポットは、まつりのメイン会場でもある伊良湖菜の花ガーデンです。
菜の花狩りや特産品の販売が行われ、菜の花料理やスイーツも楽しむことができますし、イチゴ狩りのシーズンとも重なりますので、家族で楽しめるまつりです。

スポンサーリンク

菜の花を詠んだ有名な俳句

菜の花や 月は東に 日は西に
江戸時代の俳人、与謝蕪村により詠まれた句が、菜の花を読んだ俳句で一番有名です。
現在の神戸にあたる六甲の摩耶山を訪れたときに詠まれた歌で、沈む夕日と昇る月、そして一面の菜の花を描き出しています。

小田原にある和菓子菜の花の商品

和菓子菜の花は、小田原と箱根にある明治38年創業の老舗和菓子店です。
栗を丸ごと使った栗まんじゅう月のうさぎや北海道十勝産のつぶあんを使ったどらやき小田原うさぎがおすすめです。
また、和菓子屋ながら焼きモンブランという和洋折衷のお菓子があるのもポイントです。

菜の花の見頃

菜の花は、春の訪れを知らせる早春の花です。
2月から4月が一般的な菜の花の見頃で、温かい地域であれば12月から、寒い地域では5月から見頃を迎えます。

房総半島での菜の花の見頃

12月下旬から4月下旬までが、房総半島での菜の花の見頃です。
房総半島は黒潮の影響で冬でも温暖な気候の為、他の地域よりも早く見頃を迎える上に、長い期間楽しむことができるのです。
特に半島の南端を走る海岸線は、房総フラワーラインと呼ばれ菜の花の名所となっています。

菜の花の食べ方

おひたしが一般的ですが、最近ではサラダやパスタ、掻き揚げなどでも食べられます。
アクがあるので、揚げ物以外の料理では下茹でが必要です。
苦みがありますが、春を感じられる食材としてレストランのメニューでも見られるようになっています。

スポンサーリンク