所得税について

スポンサーリンク

所得税の納付書の書き方

所得税を納付する場合は納付書を書き申請します。もし、書き方があまり分からない場合には市役所や町役場の方に聞くと親切に教えてくれます。

所得税や住民税の計算について

所得税や住民税は収入や家族構成などによって変わります。また母子家庭や介護を要する人物が家族内に存在する場合もそれに該当します。計算方法は多少、複雑ですがインターネットで調べながら自分で計算することもできます。

所得税の障害者控除

障害者の場合、または同一生計配偶者、扶養家族内に障害者がいる場合には一定の金額の所得控除が受けられます。これを障害者控除と呼びます。障害者は通院や介護などを要する場合、出費がかさんでしまうからというのも理由の一つです。

源泉所得税の納付書はダウンロードができる

所得税の納付書はインターネット上からダウンロードすることができます。本来なら納付書が手元にない場合には税務署に行ってもらってくるしかありません。ファイル形式はPDFファイルとなっています。

所得税の種類について

所得税には種類があります。それは利子所得、配当所得、事業所得、不動産所得などにかかる税です。私たちに一番馴染みが深いのが毎月の給与にかかる給与所得税です。毎月支払われる給与の金額に応じて所得税の納税金額が決められます。

スポンサーリンク

所得税の納付期限について

所得税をはじめその他の国税全般に関しても納税者が自身でそれぞれ決められた期限内に支払わなければならない義務があります。万が一、その期限を過ぎてしまうと延滞金が発生する場合があります。どうしても都合で納付が遅れてしまう場合は市町村に相談しましょう。何の断りもなくそのまま滞納を放置してしまうと給与や財産の差し押さえとされてしまう場合もあります。

所得税の非課税限度額引き上げ

平成26年より、給与所得を得ている者の通勤手当の非課税限度額が引き上げとなりました。改定後の非課税限度額について詳しくはこちらのページに記載されています。
https://www.nta.go.jp/gensen/tsukin/

所得税納税の振替予定日について

所得税には納期限と振替予定日が設けられています。所得税の種類により、納期限と振替日は異なる場合もありますがほぼ同一の日になっています。

所得税に上乗せして徴収される復興特別税

復興特別税は東日本大震災による被害の復興のための財源として、所得税などに上乗せする形式で徴収されます。ここで徴収された税金は東日本でのみ使用される。その他にも「復興特別タバコ税」なるものの導入も検討されたが取りやめになってしまいました。

スポンサーリンク