厄年とは

スポンサーリンク

厄年とは

厄年(やくどし)は、日本などで厄災が多く降りかかるとされる年齢のことである。科学的な根拠は不確かで、陰陽道由来とされるものの出典は曖昧である。しかし、平安時代にはすでに存在し、根強く信じられている風習である。

厄年の意味

19歳、25歳は青春期に当たり、また33歳、42歳は青春期を過ぎ、中高年期への過渡期に当たる事から、人生のうちでも曲がり角でもあり、男性の場合は社会的にも責任が重くなり、それゆえ精神的・肉体的にも疲労などが多く、女性の場合は子育てあるいは主婦として非常に多忙な時期でもあり、不慮の事故やけが、病気なども起こりやすいとされる。凶事が起こらなくとも、大厄の年齢では肉体的にも体力の低下や反射神経の鈍化など、衰退が顕著になる時期でもあり、医師の診察を受けた際に体調不良を訴えやすいともいう。健康管理などの面でも注意が要される年頃でもあるともいう。また42は「し・に」の音が「死に」に通じるとして凶運・不縁起の数とされることも何らかの関係はあろう。もっとも、そうしたものを証明する統計は存在しない。

今年の厄年の早見表

厄年一覧(一般的な数え年)
 前厄  本厄  後厄

24歳 25歳 26歳
41歳 42歳 43歳
60歳 61歳 62歳

18歳 19歳 20歳
32歳 33歳 34歳
36歳 37歳 38歳

2018年が厄年の人は?

今年、上の表の年齢になる人は厄年ですが、概ね、数え年の神社が多いので間違ってしまうケースが見受けられます。

なので、満年齢だと

スポンサーリンク

厄年一覧(満年齢)
 前厄  本厄  後厄

23歳 24歳 25歳
40歳 41歳 42歳
59歳 60歳 61歳

17歳 18歳 19歳
31歳 32歳 33歳
35歳 36歳 37歳

また川崎大師のように数え年で厄年を計算するところもあるので、氏神様の風習を確認しておくとよい。

厄払いすべき、時期とは?

「数え年」の加算日は神社によって異なり、グレゴリオ暦(新暦)1月1日とするもの、立春の日(通常は2月4日)とするものがある。

数え年の加算日をグレゴリオ暦1月1日とする場合
誕生日から大晦日までの期間は「満年齢+1」、それ以外の期間は「満年齢+2」で計算する
数え年の加算日を立春の日とする場合
誕生日が元日から立春の日前日までの人の場合については、立春の日から大晦日までの期間は、前述による数え年に1を加える。
誕生日が立春の日から大晦日までの人の場合については、元日から立春の日前日までの期間は、前述による数え年から1を減じる。
前2者に該当しない場合は、前述による数え年と同じ。

これに照らし合わせて自分の年齢が、厄に入った瞬間から、厄年という事になり、できるだけはやく、厄払いをしておくことがよい。

また厄年に入る前に厄払いをすることもできるかどうかは、神社に問い合わせるとよい

スポンサーリンク