切手について調べた事

スポンサーリンク

はがきを送るのに必要な切手の料金の変遷

現在は、はがきを送るのに必要な切手は62円です。2018年1月8日からこの料金に改定されましたが、その前は52円でした。もっとさかのぼると、平成元年の値上げでは41円になり、このときの封書の送料が62円でした。およそ30年で、はがきの送料が封書の送料と同じになった計算です。

切手の一覧表はある?

日本郵便はホームページで切手の一覧を公開しています。普通切手だけでなく、特殊切手の一覧も公開されているので、ちょっと変わった切手の図案をいろいろ眺めて楽しむことができます。特に、シールタイプの切手は形も四角だけでなく様々で、とても楽しいですよ。一覧を調べて、気になる切手を購入してみてくださいね。

新しい切手の発売日を知るには?

いわゆる記念切手は特殊切手とも呼ばれ、日本郵便が特殊切手の発行計画を公表しています。2018年度の発行計画も発表されており、毎月数種類の切手が発売されることがわかります。9月3日発売の「灯台150周年」なんてどんな切手なのかとても気になりますね。ぜひ発売日を調べて郵便局に足を運んでみましょう。

スポンサーリンク

切手は郵便局じゃなくても買えます!

日本郵便のホームページをチェックしたら、気になる切手があった!でも郵便局まで買いに行くのはちょっと面倒…。そんな方も多いのではないでしょうか。実は、切手は郵便局以外でも買えるんです。代表的なのはコンビニエンスストアですね。急ぎの要件で、普通切手をコンビニエンスストアで購入したことがある方も多いのではないでしょうか。もう一つは、日本郵便のネットショップを利用する方法です。実はネット通販でも切手が購入できてしまうんです。これなら、ちょっと気になる特殊切手を見つけたら、その場にいながら購入できますね。

切手の正しい貼り方は?

切手を貼るときに、あまりに枚数が多いと、自動で消印を押すことができなくなり、郵便局員さんの負担を増やすことになってしまいます。なるべく少ない枚数で済ませるようにしましょう。また、ついついやってしまいがちなのが、つばで切手を貼り付ける方法。簡単ですが、衛生的にはよくありませんね。切手は必ず水で濡らして貼り付けるようにしましょう。

切手を貼る正しい位置はどこ?

切手を貼る位置なんてどこでもいいのでは、と思われるかもしれませんが、実は正しい位置があります。日本郵便の公式ホームページによれば、切手は郵便物の表面の左上に貼ってくださいということです。ちなみに、横に長い郵便物の場合は右上に貼るのが正しいそうです。間違えないようにしましょう。

スポンサーリンク