麻雀について調べてみた

スポンサーリンク

麻雀のルールは?役ってなに?

一般的な4人麻雀は、4人のプレイヤーが13個の牌を持ち、順に新しい牌を一つひいて一つ捨てることを繰り返し、役と呼ばれる14個の牌の組み合わせを競うゲームです。4人のうち一人が持ち回りで親となります。親は子よりも多くの点数を得ることができますが、支払いも子より多くなります。

麻雀の役ってなに?

麻雀では、牌の組み合わせで役が決まります。ルールによっても変わりますが、およそ38種類の役があるとされています。簡単にそろう役から難しい役まで様々なものがあり、難易度ごとに揃えたときの点数が異なります。

麻雀の役の点数は?

麻雀の役では、1飜から13飜(以上)の役満で点数が異なります。子の場合、1飜では1,000点、13飜では32,000点となっており、親の場合はさらに1.5倍の点数になります。

麻雀の役を覚えるなら画像検索も便利

Googleで「麻雀 役」と入力して画像検索のボタンをクリックしてみましょう。上部に「表」「上がり」「難しい」などの様々な関連ワードのボタンが表示されます。これをクリックすると、絞り込んだ情報で画像が検索されます。役や点数などのいろいろな表を画像として探すのに便利です。

麻雀の点数計算

麻雀では、基本的に8ラウンドを1試合として勝敗を決定する半荘戦が行われます。この時、半荘を通して最も点数が高いプレイヤーが勝者となります。点数の仕組みは非常に複雑です。ベテランプレイヤーはいとも簡単に点数を計算しますが、初心者はルールを参照しながら少しずつ覚えていきましょう。

スポンサーリンク

麻雀の早見表を活用しよう

麻雀初心者は、どこから覚えたらいいのか手がつかないもの。そこで、種々の早見表を活用するようにしましょう。インターネットを検索すれば、点数早見表、符計算早見表、役の早見表などが用意されています。苦手な計算の早見表とにらめっこして、早く上達を目指しましょう。

麻雀の点数計算を覚えたい!点数ゲーム

早く麻雀の点数計算ができるようになりたい方には、ゲーム感覚で点数計算を覚えられる麻雀点数塾というWindowsアプリケーションがお勧めです。麻雀点数塾では、14万もの問題が用意されていて、1日100ステージこなしても3年以上かかるほどの点数問題が用意されています。

無料で麻雀が遊べるサイト天聖

麻雀したいけど遊ぶ人がいない。そんなとき、「天聖」は無料で麻雀が遊べる便利なサイトです。四人麻雀の他にも様々なルール設定が可能。ブラウザで遊ぶタイプや、スマホアプリもあります。一人でちょっとした時間つぶしに麻雀を楽しみたい方は試してみるとよいのでは?

麻雀教室があるってご存知ですか?

初心者がコンピュータゲームだけでなく、人と勝負がしたいというときには、麻雀教室という選択肢もあります。女性専用教室や、老後の趣味としての教室など、いろいろな教室があるので、近所の麻雀教室を検索してみてはいかがでしょうか。

麻雀大会で力試し

麻雀の力に自信が出てきた方は、麻雀大会に出てみてはいかがでしょうか。様々な大会がありますが、例えばオンライン予選からスタートし4万人以上が参加する「全国麻雀選手権」は、参加費無料で賞金総額1000万円となっていて、力試しに最適です。

スポンサーリンク