三重を全力リサーチ魅力発見隊

スポンサーリンク

三重県の週間天気予報

気象庁の公式サイトから三重県の週間天気予報をみることができます。
三重県は、平野・盆地・山地と複雑な地形から成り立っていますので、県内でも多様な天候となっています。
気象庁公式サイト「週間予報」:http://www.jma.go.jp/jp/week/330.html

三重県津市の天気予報

Yahoo!天気から三重県津市の天気予報を見ることができます。
津市は三重県の県庁所在地で、奈良との県境は深い山々があるものの、一年を通じて穏やかな気候です。
Yahoo!JAPAN天気:https://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/24/5310.html

三重県の明日の天気予報

気象庁の公式サイトから三重県の天気予報をみることができます。
三重県の天気予報は南部と北部に分かれていて、北部の基準地は津、南部の基準地は尾鷲となっています。
気象庁公式サイト:http://www.jma.go.jp/jp/yoho/330.html

三重県にある全ての神社の上にある神社

三重県には、皇室の氏神である天照坐皇大御神を祀っている伊勢神宮があります。
実は地名のつかない「神宮」が正式名称です。
伊勢神宮に参拝することそのものが大吉であるという考え方から、伊勢神宮にはおみくじがありません。

三重県の釣り堀

三重県では海上釣り堀が盛んです。
伊勢・志摩周辺の複雑な海岸線を利用して、釣り堀用のイカダを浮かべて釣りを楽しむことができます。
海上釣り堀までは船で移動する所もありますが、陸から桟橋で繋がっているところが手軽で人気となっています。
釣れる魚も、マダイやマハタといった高級魚からカンパチやシマアジなどの青物が放流されていて、釣り初心者でも比較的簡単に大物を釣り上げることができるでしょう。

スポンサーリンク

三重県の高校入試制度

三重県の高校入試は「選抜」と呼ばれていて、一般的な推薦入試に当たるのが「前期選抜」、一般入試に当たるのが「後期選抜」です。
「前期選抜」では自己推薦書の提出が求められ、面接又は自己表現、作文、実技検査の中から一つ以上を高校が選び行います。
また、高校は事前に「学校の特色」と「選抜において重視する要件」を公表しなければなりません。

三重県総合教育センターとは

教育に関する研究と、教育関係者の研修を行う機関です。
運営は三重県教育委員会で、1977年に全身である三重県教育研究所を廃止して設立されています。
研修については教科毎の研修や管理職研修、学校事務職研修、主幹教諭研修など多岐にわたり、ネット配信による研修も行っています。

三重県の方言

三重県の方言は、俗に関西弁と呼ばれる近畿方言に属しますが、北部は名古屋弁の影響を受けている地域もあります。
歴史的に関西圏の影響が強いものの、北部と南部で方言が異なり、海沿いでは漁村としての性質から独特の方言を持つ地域も存在しています。

三重県の最低賃金

平成29年10月に発効された最低賃金は1時間当たり820円です。
同じ東海地区の岐阜県が800円で、静岡県が832円、愛知県が871円となっていて、愛知県が突出しています。
隣接する奈良県では786円、和歌山県では777円なので、三重県自体は平均的な賃金といえるでしょう。

三重県の人口当たりの交通死亡事故が多い市

平成29年度は、松阪市が人口10万人に対する交通事故による死亡者数が5.5人で、三重県内で最も多くなっています。
全国259都市の中でもワースト順位は21位で、平成28年度につづく2年連続ワースト21位です。
ただし、平成28年度の三重県ワースト1位は伊勢市で、、全国でもワースト6位でしたが、平成29年の伊勢市は全国ワースト196位と大きく改善されています。

三重県の交通事故推移
三重県警察が発表している交通事故情報によりますと、平成29年の人身事故は前年より597件減少していて、負傷者数も1045人の減証と大幅な改善が見られます。
一方で、物損事故は昨年対比で1470件の大幅増加となっています。

スポンサーリンク