世界遺産をプチリサーチ

スポンサーリンク

世界遺産の総数

世界遺産条締約国は193か国。世界遺産総数は1073件、文化遺産は832件、自然遺産は206件、複合遺産は35件、危機遺産は54件、登録を抹消された世界遺産が2件ある。
危機遺産とは、世界遺産に登録されたものの中で、武力紛争、自然災害、大規模工事、都市開発、観光開発、商業的密猟などにより重大な危機にさらされ、その顕著な普遍的価値を損なう状態にあるものをさす。

世界遺産の数の多い国別ランキング1位~10位

「文化遺産」「自然遺産」「複合遺産」を合計して、有する数の多い国を並べたのが以下である。
イタリア、中国、スペイン、フランス、ドイツ、インド、メキシコ、イギリス、ロシア、アメリカ。日本は12位であった。

世界遺産のうち複合遺産を持つ国一覧

る。複合遺産は「文化遺産」「自然遺産」それぞれの登録基準のうち、少なくとも一項目ずつ以上が適用された物件をいう。言い換えれば、一帯の自然環境と、そこでの人間の文化的営為が、ともに顕著に普遍的な価値を有するものと認定されることが必要である。
この複合遺産を持つ国は、「文化遺産」「自然遺産」を有する国よりも少ない。以下の国々だ。
中国、スペイン、フランス、インドメキシコ、イギリス、アメリカ、オーストラリア、ギリシャ、トルコ、スウェーデン、ペルー、南アフリカ、ベトナム、アルジェリア、タンザニア、イラク、ヨルダン、マリ、グアテマラ、ニュージーランド、チャド、ガボン、ジャマイカ、パラオ、マケドニア、レソト。

日本にある世界遺産一覧

法隆寺地域の仏教建造物、姫路城、古都京都の文化財、白川郷・五箇山の合掌造り集落、原爆ドーム、厳島神社、古都奈良の文化財、日光の社寺、琉球王国のグスク及び関連資産群、紀伊山地の霊場と参詣道
石見銀山とその文化的景観、平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―、富士山―信仰の対象と芸術の源泉、富岡製糸場と絹産業遺産群、明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼,造船,石炭産業、ル・コルビュジエの建築作品‐近代建築運動への顕著な貢献、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群である。

スポンサーリンク

世界遺産が多い日本の都道府県ランキング

日本の中で世界遺産を有する都道府県ランキング1位は奈良。3つの世界遺産がある。2位は2つで、岩手、静岡、広島、鹿児島。3位は1つで、北海道、青森、秋田、栃木、群馬、東京、富山、山梨、岐阜、三重、京都、兵庫、和歌山、島根、山口、福岡、佐賀、長崎、熊本、沖縄。個人的に京都に1つしかないのが意外であった。

富岡製糸場が世界遺産になった時期と理由

国内18番目の登録となった富岡製糸場。ここが世界遺産として登録されることが叶ったのには2つの大きな理由がある。まずひとつは、良質な生糸の大量生産を実現した「技術革新」の中心的存在であったこと。もうひとつは、世界と日本との間の技術の「交流」。
明治初期、「富国」を実現させるために積極的にフランス人などの技術者を招き、欧米の進んだ技術や機械を取り入れた。また、4つの資産が相互に連携して技術の交流を図ったことで、高品質生糸の大量生産が可能となった。明治時代初期の設立当初の主な建造物が良好な状態で保存されていることも大きなポイントとなった。

広島にある世界遺産

広島には厳島神社と原爆ドームという2つの世界遺産が存在している。ひろしま世界遺産航路という、広島のこの2つの世界遺産を乗り換えなし最短時間の45分で結ぶ海上交通もあり、観光客でにぎわっている。

原爆ドームはなぜ世界遺産になったのか?

原爆ドームは厳島神社と共に世界遺産に登録されたが、当初は中国やアメリカなどの反対があったこと、さらに新しい建造物で文化財としての価値はあるのか?と反対意見があったために、登録できるかわからなかったという。しかしながら、世界遺産でも負の遺産(人類を戒めるもの)としてアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所(ポーランド)などが登録されているので、原爆ドームも世界初の原爆投下地・広島に残る、原爆の恐ろしさ、愚かしさを伝えるために登録された。最近はこれと同じ理由でビキニ環礁(マーシャル諸島)が世界遺産に登録された。

アメリカにある世界遺産

アメリカの世界遺産は、文化遺産が10件、自然遺産が12件、複合遺産は1件で、合計23件である。
アメリカ西部・西海岸には8つの世界遺産があり、もっとも世界遺産が集中している地域である。

世界遺産としての自由の女神

アメリカでもっとも有名だと言っても過言ではない世界遺産「自由の女神」
自由の女神像はアメリカのニューヨーク港内リバティ島にあり、1984年、世界遺産に登録された。正式名称は「世界を照らす自由」といい、アメリカの自由と民主主義の象徴となっている。

スポンサーリンク