和歌山について、知っている事はあります。

スポンサーリンク

和歌山県のホームページ

公式ホームページ:http://www.pref.wakayama.lg.jp/

和歌山県の郵便番号について

和歌山県の郵便番号はほとんどが640か641から始まります。和歌山市の以下に記載がない場合は、郵便番号は640-0000となります。

和歌山県和歌山市の天気について

和歌山市は瀬戸内海式気候であるため年間を通して天気や湿度は安定しています。年間の平均気温は16.8度です。降水量は10月が最も多くなっていて12月~3月は比較的降水量は少ないですが、和歌山市は重要な降水量の都市と言われています。8月の降水量は前後と比較してかなり少なく雨温図が大きくへこむことが特徴です。同様の瀬戸内海式気候は近畿中部、山陽、四国瀬戸内海側、九州瀬戸内海側でも見られます。

和歌山県田辺市の天気について

田辺市は黒潮の影響があるので温暖ではありますが、内陸には山が迫っているので山地的な気候の影響もあります。年間雨量はかなり多く特に6月と9月が多いです。12月~2月は比較的乾燥しています。田辺市には世界遺産に認定されている熊野古道があり、全国の熊野神社の総本宮となる熊野本宮大社が田辺市本宮町にあります。

和歌山県の最低賃金について

和歌山県の最低賃金は777円で、産業別だと鉄鋼業は895円、百貨店や総合スーパーだと810円となっています。2017年8月に753円から24円引き上げられています。全国平均は2017年で848円となっているので全国平均より71円低く、最も高い東京都とは181円も差があります。

スポンサーリンク

和歌山県の事件について

現在の和歌山県のニュースは、約100年ぶりに新種の桜であるクマノザクラが発見されて賑わっていることや、すさみ沖でタンカーと貨物船が衝突したことや、春の選抜高校野球で和歌山を代表する強豪校智弁和歌山が初戦で富山商業高校と対決することなどが話題となっています。

和歌山県の通行止めの情報について

和歌山県では現在冬季の事前通行規制を実施していて、3月25日まで国道371号の一部の区間で夜間通行止め、国道425号の一部区間で終日通行止めとなっています。昼間でも路面が凍結していることがあるので、冬用タイヤの装着やタイヤチェーンの携行を呼びかけています。

和歌山県の那智の滝について

熊野那智大社のご神体とされている那智の滝は日本三大名滝の一つとなっていて、落差と水量はともに日本一です。紀伊勝浦駅からバスで30分の「那智の滝前」で下車し、バス停からは徒歩5分です。大晦日にはライトアップも行われています。

和歌山県のとれとれ市場について

南紀白浜にある海鮮マーケット「とれとれ市場南紀白浜」は堅田漁業協同組合直営のお店で、日本全国から取り寄せた海産物や紀州の特産品を販売しています。周りには温浴施設や宿泊施設もあり、一帯をとれとれPARKとしています。とれとれヴィレッジは丸いドーム型が特徴となっていて、パンダデザインのものもあり親子連れに人気です。

和歌山県の釣果について

和歌山では釣りができるスポットが多数存在しています。和歌山マリーナシティ海釣り公園は午前7時から夕方5時まで営業していて、全長570メートルの防波堤で釣りをすることができ、家族連れでも楽しむことができます。

スポンサーリンク