大学院の基礎

スポンサーリンク

大学院とは

大学院は大学の一部として存在している場合と、独立した高等教育機関として存在している場合があります。
大学院というのは優秀な成績評価を取得した者を対象として、より上位の学位を付与するための機関です。
多くの場合、修士課程と博士課程が置かれていますが、どちらかしか置かれていない大学院も存在します。

日本の大学院とは

日本の大学院は多くの場合大学の延長線上として存在しています。
大学の卒業と同時に、大学時の研究よりレベルの高い研究を行うために進学します。
日本での大学院進学率は高くありません。

外国の大学院とは

外国の大学院も日本と同様に大学の延長線上として存在しています。
日本の大学院との違いとして大きいのは入学者の年齢が様々という点です。
日本では大学も18歳から20歳ぐらいまでの間に入学し、大学院への進学は22歳から25歳ぐらいが多いです。
一方で海外では大学でも年齢の幅が広いため、大学院も年齢層が広い傾向にあります。

スポンサーリンク

大学院一覧

日本には多くの大学院が存在します。
全ての大学院はナレッジステーションという名称のホームページに掲載されています。
https://www.gakkou.net/daigakuin/search/area.html
こちらのURLからナレッジステーションにアクセスすることが可能です。
ナレッジステーションでは大学院を地域別に検索することが可能です。
また、国立・公立・私立のいずれかを指定して検索することも出来ます。

大学院の入試日程

大学院の入試日程は各大学院のホームページで確認することが可能です。
大学の一部として大学院が存在する場合は、大学のホームページに掲載されている場合があります。
また、大学や大学院に電話をしたり直接赴いたりして確認することも可能です。

大学院の合格発表

大学院の合格発表はホームページ上で行われることが多いです。
大学院にもよりますが、おおむね合格発表日から3日前後は掲載されています。
また合格通知書の発送も行われている場合が多くそちらでも確認することが出来ますが、最速で確認する方法はホームページに掲載される合格発表を閲覧することです。

大学院の卒業式

大学院の卒業式は、高校や大学と同じく3月に行われます。
これは日本の就職事情に合わせたものです。
海外では3月卒業でない場合もあるため、海外の大学院に行く場合は確認が必要です。
入学も同様で、4月入学が多いですが、海外では9月入学が多いので確認が必要となっています。
いずれにしても自分が所属したい大学院の情報は詳しく集めておかなければなりません。

スポンサーリンク