docomoのいろいろ

スポンサーリンク

iPhone・iPadでdocomoメールを使うときの初期設定

docomoの公式サイトに手順が詳しく掲載されています。
初期設定にはdアカウントのIDとパスワードが必要です。
設定を行うときは必ずWi-Fiをオフにしてください。
docomo公式サイト:https://www.nttdocomo.co.jp/service/docomo_mail/ios/use/

docomoの利用料金を確認する方法

dアカウントを登録して、WEBサイトで確認する方法と、My docomoアプリを利用する方法があります。
My docomoアプリを利用すれば、料金もデータ使用量もチェックすることができ、初回以降はログインが不要で、複数のアカウントにも対応していますのでおすすめです。

docomo withの料金割引

対象携帯の購入で、毎月の使用料が1500円割引になります。
対象端末を使っている間はずっと毎月1500円割引ですが、月々サポートや端末購入サポートなどの端末購入補助は使用できません。
2018年3月時点では、対象となる機種が4機種ほどしかないので、料金割引プランとしては微妙なところです。

スポンサーリンク

docomoのSIMロック解除の手続き

docomoの公式サイトに手続き方法が記載されています。
2015年5月以降に新たに発売されたSIMロック解除昨日搭載の携帯電話であることや、購入日から100日経過した機種であることなどの条件がついています。
docomo公式サイト:https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/simcard/unlock_dcm/

docomoで使える絵文字の数

698個の絵文字が使えます。
他キャリアケータイに送信した場合でも、対応した絵文字に自動変換されます。
docomo携帯の絵文字は、2014年以降のアンドロイドであればau携帯と共通絵文字です。
docomoの公式サイトに絵文字の一覧と、他機種での変換法則が紹介されています。
docomo公式サイト:https://www.nttdocomo.co.jp/service/docomo_mail/appli/deco/pictograph/index.html

docomoの雑談対話apiとは

ユーザの自然な発話に対して幅広い会話や「しりとり」を提供するAPIです。
アカウントによるユーザー認証を行うことで、よりユーザーの嗜好に応じた対話を行うことができます。
会話ができるボットといえば、マイクロソフトの女子高生AIりんなが有名ですが、同じようなものですね。
ちなみにAPIはアプリケーションプログラミングインターフェースの略です。

docomoのマイメニューとは

dメニューのメニューリストなどから会員登録したサイトを一覧できる機能です。
他にもGoogle Playで購入したコンテンツ代金を確認することもできます。
dアカウントを取得してログインしてください。

スポンサーリンク