自転車についていろいろリサーチ

スポンサーリンク

自転車のサイズ

自転車を購入しようと、セールのちらしをみると、インチ数が書かれています。わかることは、数字がおおきいほうが、タイヤの直径が大きいのかなということぐらいです。よくでてくる数字は「28インチ」とか「27インチ」ですが、センチになおしても、あまり良くわかりません。結局、そのインチが身長何センチに合うのかという風に自転車屋さんにすすめられるようです。

自転車のペダルの外し方が必要になるとき

自転車のペダルを外す必要がなるのは、どんなときでしょうか。自転車を倒してしまって、地面に打ちつけて、ペダルが割れてしまい、交換しなければならないといった場合は、外す必要があるでしょう。しかし、そのようなときは、通常、自転車屋さんに持っていって、壊れたペダルを外してもらい、新品をとりつけてもらうことが多いです。ですから、自転車好きが、パーツを好みのものに交換し、マイ自転車にカスタマイズするというときには、DIY感覚で、自分でペダルの交換を行うので、自転車のペダルの外し方を知りたくなると思います。

自転車置き場

自転車を買うときに気になるのは、自転車置き場です。もちろん、田舎に住んでいる場合、自転車を停めるスペースぐらい、どこにでもありそうなので、そんなには気にならないかもしれません。しかし、東京などの都会になれば、住所によっては、家賃より高い駐車場代ということもあり、自転車といえども、停めるところを考慮せずには、乗り回せません。ドアトゥードアで、自宅アパートから、会社まで、自転車通勤するひともたまにはいます。アパートの駐輪場と会社の駐輪場が確保できていれば、大丈夫です。自転車通勤、自転車通学で多いのは、自宅から最寄駅までが自転車というケースです。その場合、駅前駐輪場というのが駅から少し離れたところにあって、抽選で年間駐輪代を払って使用するということが考えられます。当日のみ利用できるスペースというのもありますが、先着順なので、遅刻しそうなときに自転車で駅まで飛ばしていくというのは、おすすめではありません。仙台市の駐輪場は、駐車場のように、大型地下駐輪場が、駅前に何箇所もあり、初めて見る人は、びっくりさせられます。

スポンサーリンク

自転車でかかる時間

不動産の物件を説明する用語に、最寄駅から徒歩何分とか、バス何分とか、車で何分とか書いてありますが、自転車何分と書いてあるのを見たことはありません。その物件が建っている地域が自転車をすごく利用する地域だったとしても、そのような表現をあまり見ることはないでしょう。なぜかと考えたとき、自転車の場合、坂の有無が所要時間を大きく左右するからではないかと推測されます。のぼり坂の場合、時間がかかります。急な坂であれば、自転車から降りて歩く人もいるでしょう。自転車に乗る人の年齢や健康状態にもよるかもしれません。しかし、行きが長い距離の急な上り坂だった場合、ほとんど徒歩でかかる時間と変わりがなくなるでしょうが、帰りは、長い距離の急な下り坂となり、速いスピードであっという間に下ってしまい、行きと帰りにかかる時間差が大きくなるでしょう。

自転車のイラスト

自転車のイラストといえば、印象深いのが、前輪が大きく、後輪が小さい、クラッシクなスタイルの自転車の姿かたちです。

自転車と距離

自転車の車輪の周の長さに車輪の回転数をかけると、距離が算出できます。

自転車の経路

自転車を利用した経路は、上り坂がすくないものが、好ましいです。

自転車の防犯登録について

自転車の購入時には、防犯登録をしなければなりません。

自転車の譲渡証明書

自転車を譲渡する際に、防犯登録カードを一緒に譲渡しなければなりません。カードがないときには、自転車譲渡証明書が必要です。

自転車に乗り始める時期

自転車に乗り始める時期は、大体、小学校低学年からのひとが多いようです。まず、補助車をつけて練習してから、小学校中学年には、補助なしで、街を乗り回すようになります。

スポンサーリンク