やりすぎ? 都市伝説

スポンサーリンク

都市伝説とは

都市伝説は近現代に広まったとみられる噂話を指す。
「友達の友達」や「知人」よいう聞き手にとって正体不明の人物が「実際に体験した」話として語られることが多い。伝説と聞くと、昔から語り継がれる精霊や神が絡んでくるような壮大な話を予想してしまうが、実際には噂話であり、ごく普通の人々によって語られ、信じられている。

都市伝説はすべて怖いのだろうか

都市伝説として有名なものをあげるとすれば「口裂け女」や「ベッドの下に潜む男」「さっちゃん」など怪談や恐怖体験と思しきものと考えられがちであるがそうではない。
近現代に発症した事実とは考え難い噂話のことを指すため、怪談や恐怖体験以外にも別のジャンルが存在する。例えば、「人体、医学にまつわる都市伝説」「社会生活における普段起こり得そうな都市伝説」「アニメや漫画に関する都市伝説」など、そのジャンルは多岐にわたる。

恐怖の都市伝説

都市伝説には様々なジャンルが存在するが、やはり一番大きなウェイトを占めているのが恐怖系の都市伝説である。都市伝説は日本だけでなく世界でも数多く存在し、それらを題材にした映画「ルール(現代:Urban Legend)」も作られている。
その中で題材にされている都市伝説は、「後部座席に隠れる男」「口の中ではじけるアメとソーダを飲むと内臓が破裂する」「ルームメイトの死」「ハイビーム儀式」「腎臓泥棒」といった怪談から人体に関するものまで含まれたものである。

学校から生まれる都市伝説

都市伝説が生まれたり、広まったりする確率が高いのが、「人が多く集まるところ」である。会社に勤めるようなものの中にも都市伝説に興味を持つ者はいるかもしれないが、大の大人であることから、大人数の前では話題にしにくい。人が多く集まる、人々の口によって語り継がれる…このことを考えると、広まりやすい場所は「学校」ではないだろうか。
実際、学校を舞台にした都市伝説も数多く存在する。学生というのは現実以外のことにも興味を持ちやすい年齢層だというのもある。私自身にもそのような記憶がある。耳に入ってくる都市伝説は後を絶たない。
それらは「これ、友達の友達から聞いたんだけどさ」や「A組の子が言ってたんだけどね」といった自分の知らない人物発の噂話として次々と語られていく。

スポンサーリンク

ディズニーにまつわる都市伝説

その内容は様々でアトラクションに関わることもあれば、幽霊が出没する、もしくは園内での出来事など。しかし誰もが聞いたことがあるのがこの都市伝説であろう。「ディズニーランドにカップルで行くと必ず別れる」この都市伝説は耳に入れようとしなくてもだれもが一度は聞いたことがあるのではないだろうか。
この手の話は他の観光スポットでも聞かれるが、ディズニーの場合は「(アトラクションの待ち時間や食事のための行列に並ぶことが多い為、疲労感が増し、会話が続かなくなって気まずくなる。その感情が、“この相手といると疲れる”といった感情へと変わり、結果別れることにつながる」といった理由づけがなされることがある。ディズニーの環境や混雑状況を踏まえるとこの理由から、そういった噂話ができるのは不思議ではない。

ミッキーマウスに関する都市伝説

ディズニーランドの人気キャラクター、ミッキーマウスについての都市伝説もいくつか存在し、「一匹だけの存在である為に同時刻に別の場所で見ることはない」「ミッキーのキャストはどんなことがあっても頭だけは決して脱いではいけないという契約を結ぶ」などがある。

クレヨンしんちゃんに関する都市伝説

人気アニメクレヨンしんちゃんにも都市伝説は存在する。
それは、主人公であるしんのすけは5歳のときに、妹のひまわりがトラックにはねられそうになっているところを助けようとして既に死亡しているというもの。

ジブリに関する都市伝説

ジブリに関する都市伝説で一番有名なものは「となりのトトロ」に関するものではないだろうか。
サツキとメイは死んでおり、病院にいる母親のもとにとうもろこしが届けられなかったのはその為だとか、エンディングはサツキとメイが生きていた頃の回想である、というもの。作品には原作が存在するが、映画のストーリーは狭山事件という、1963年に埼玉県狭山市で女の子が誘拐され殺されたという事件をもとに創作されたというもの。

ドラえもんに最終話に関する都市伝説

ドラえもんの最終話についての有名な都市伝説を挙げる。「行かなきゃ」と呼ばれているものだ。
それはいつものアニメと違うBGMや効果音が登場しない。ひたすらのび太の後ろ姿が映し出されているものだという。その画面が10分ほど続いたあとに突然のび太が振り返り「もう行かなきゃ」と言ってそのまま画面は暗くなり終わるという。その声はいつもののび太の声ではなく、原作者である藤子Fの声だったという。

ポケモンに関する都市伝説

日本だけでなく世界で人気のポケモンにも都市伝説がいくつも存在する。
しかしその中に「サファリゾーンに透明人間が存在する」というものがある。椅子だけがある空間で話しかけると、返答が返ってくる、というものである。これはゲーム特有のバグからくるもので、ゲームならではの理由から生まれた都市伝説といってもよい。言い換えれば、バグのような人為的過誤が都市伝説を作りえるということである。

スポンサーリンク