日本を代表するカーメーカー ホンダ

スポンサーリンク

ホンダ車のグレード検索

ホンダの公式サイトの中にあるHonda四輪グレード検索サービスから車のグレードを調べることができます。
中古車のネット査定では、車のグレードが必要になるのですが、車検証にはグレードが記載されていないため、グレード検索サービスが役に立つのです。
ただし午前0時から7時までの間は、システムメンテナンスをしていますので、Honda四輪グレード検索サービスは使えません。
Honda四輪グレード検索サービス:http://grade.customer.honda.co.jp/apps/grade/hccg0010101.do

ホンダの点検パック

定期点検とオイル交換をパックにしたホンダの定期点検パック「まかせチャオ」は、半年に1回ごとにホンダ車のプロが定期点検とエンジンオイル交換を実施するサービスです。
コースも最大5年から半年まであり、車検を含むコースと含まずに点検だけを行うコースも用意されています。

ホンダクラリティの特徴

燃料電池自動車で、CO2排出量はゼロのクリーンエネルギー自動車です。
2018年時点では、リース販売のみとなっていて、商用水素ステーション設置の都道府県にある、特定のHondaCarsでのみ取扱いを行っています。
1回の水素充填は3分で、約750キロの走行が可能となっています。

ホンダセンシングの機能

ミリ波レーダーと単眼カメラを使った検知情報をもとに、事故回避を支援する先進の安全運転支援システムです。
具体的な機能としては、衝突軽減ブレーキ、歩行者事故低減ステアリング、アダプティブ・クルーズ・コントロール、車線維持支援システム、路外逸脱抑制機能、誤発進抑制機能、先行車発進お知らせ機能、標識認識機能、オートハイビーム、トラフィックジャムアシストです。

スポンサーリンク

ホンダのCM「怪盗グルーのミニオン安全運転」

人気キャラクターの怪盗グルーとミニオンたちによるホンダセンシングの機能を紹介したCMです。
特定の車のCMではなく、歩行者事故低減ステアリングなどホンダの目指す安全運転技術のCMで、ホンダムービーチャンネルで視聴することができます。
ホンダムービーチャンネル:http://www.honda.co.jp/movie/201707/safety01/

ホンダのリコール情報

ホンダの公式サイト内にあるリコール等情報で、ホンダのリコール情報が確認できます。
自動車だけでなく、二輪車やパワープロダクツについてもリコールが行われています。
パワープロダクツとは、発電機や耕運機、船外機や除雪機などのエンジンを使用している機械のことです。

ホンダアクセスとは

本田技研工業が販売する自動車の純正用品を開発・生産・販売する企業で、本田技研工業の連結子会社です。
注目は、純正愛犬用カーアクセサリーで、犬を車に乗せられるペットシートサークルやペットフロアクッション、ペット車外飛び出し防止リードなど、犬に特化した商品も販売しています。

ホンダ船外機の世界シェア

船の推進システムである船外機の世界シェアでホンダが占める割合は6%です。
他のメーカーでは、スズキが15%で、ヤマハが40%となっていて、日本のバイクメーカーで世界シェアの半分以上を占めているのです。

ホンダジェットの販売価格

ホンダジェットの価格は450万ドルで、日本円では約5億円です。
2017年の販売機体数は43機で、軽量小型ジェット機の中では年間1位を獲得しています。
ホンダジェットを開発・販売しているのは自動車メーカーでおなじみのホンダで、開発に30年以上かけています。

ホンダ陸上競技部の有名選手

マラソンランナーの設楽悠太選手が所属しています。
設楽選手は、2017年にハーフマラソンで1時間00分17秒の日本記録を打ち立て、2018年にはフルマラソンで2時間06分11秒と16年ぶりに日本記録を塗り替えています。

スポンサーリンク