工場へ行こう!

スポンサーリンク

工場

工場というのは、製品を作り出すところです。原料や材料が運び込まれ、製品になって、出荷されます。

工場の爆発事故

2011年の東日本大震災のとき、千葉県の埋立地は、液状化で大きな被害が出ました。そこに建っていた工場が爆発事故を起こしたということもありました。

工場の火事

工場の火事で恐ろしいのは、化学工場の火事です。燃えて出るガスが有害であることがあり、爆発事故で火事になった場合、逃げ遅れて、ガスを吸ってしまい、うごけなくなって、逃げることができずに、火にまかれたり、ガスの吸引量が致死的なものになってしまったりして、非常に危険です。

工場内の安全標語

工場内には、看板やポスターで、安全標語が掲げられています。短くてインパクトのある文が好まれます。「安全」や「注意」や「確認」といった言葉がよく使われます。ヘルメットや安全靴の着用を促すものもあります。

工場の夜景 川崎他

工場の夜景をみるツアーが流行っています。都心からだと、川崎の工業地帯が手頃な距離でしょう。地方にも、夜景の美しい工業地帯はいろいろあります。かつて、社会科の教科書に載っていた瀬戸内工業地帯の周南コンビナートもそのひとつです。徳山湾をぐるりとめぐるコンビナートの明かりは、対岸から美しく夜景としてみることができます。

工場の画像

インターネットで工場の画像を検索すると、美しい夜景をたくさんみることができます。工場の夜景ツアーというのが流行っているのです。しかし、夜景というのは、写真に撮るのが非常に難しいものです。画像で、夜景の美しさを伝えるのは至難の技といえるでしょう。

スポンサーリンク

工場見学

小学生のとき、最高学年は修学旅行に行きますが、それより前に、見学旅行という名の日帰りバス旅行を体験します。見学旅行で、工場見学に行く生徒は、多いでしょう。子どもの行きたい工場は、一体どんな工場でしょうか。やはり、子どもになじみのある製品が、このように作られるのかとわかるほうが、おもしろいことでしょう。たとえば、ネクターという飲料品のジュース工場に行って、原料は果実ではなく、外国から輸入した缶詰をあけて、水でうすめて、缶に詰めているのだと知ることは、缶に印刷してある文字にあることを実感できる体験です。

神奈川県内の工場見学スポット

神奈川県では、キリンビールやアサヒビールなどのビール工場が見学できます。作る過程をみるのは面白いですが、製品をお土産にもらうことができないので、子どもにとってはつまらないかもしれません。神奈川県といえば、シューマイ、崎陽軒のシューマイ工場の見学もできます。楽しそうです。

東京都内の工場見学スポット

都内にある工場というと、昔ながら、小さな工場は別として、ビール工場なら武蔵野、面白いところで、クリーニング工場なら多摩川と、郊外になります。かつてあった、下町の工場もほとんどつぶれてしまっています。印刷工場など、小さなところでも、見学できれば、それはそれで楽しめそうです。

工場の閉鎖

工場というのは大きな敷地を占めるものです。そのような大工場が閉鎖された場合、巨大な空き地ができます。地質の汚染などが懸念される場合もあり、閉鎖後の跡地の再利用が難しくなることもあります。

 

スポンサーリンク