月について

スポンサーリンク

月とは

月というのは地球の周りを回る唯一の衛星です。
太陽系にはいくつもの衛星が存在しますがその中で5番目の大きさを誇っています。
月は地球の地上から見た場合、太陽に次ぐ明るさであり、古代より暦や占いなどで利用されてきました。

月の満ち欠け

月の満ち欠けは28日周期で発生します。
月が全く欠けていない状態を満月と言い、月が全く見えない状態を新月と言います。
月の大部分が見えていない状態は三日月、月の半分が見えている状態を半月といいます。

月と旧暦

旧暦では月を基準に暦が作られていました。
今よりも天文学が進んでいなかったためずれは生じていましたが、比較的正しい値を示してたのが特徴的です。
旧暦以前にも月を基準とした暦は世界各地で作られていました。

月と満月

月と言われて多くの人が想像するのが満月です。
満月は海における潮の満ち引きに影響を与えるほどの存在となっています。
満月の模様を見て、兎がいるなどと言われますが、日本以外では兎ではなく、各国でそれぞれ想像する動物がいます。

月の2018年カレンダー

月の満ち欠けは事前に把握することが出来ます。
日食や月食といったものも把握することが可能です。

2018年 新月・満月カレンダー

スポンサーリンク


こちらのサイトでは満月と新月の日を紹介してくれています。

月星座とは

月星座は、人がこの世に生を受けた瞬間の月の位置を元に計算して出す精査座のことです。
普通の星座と同じく12星座のいずれかが該当しますが、月の位置によって星座が変わるため、普通の星座とは異なる場合がほとんどです。

月と天気予報

月の満ち欠けにより、潮の満ち引きが変わるように、天気にも何らかの影響を与えていると言われています。
一説では満月と新月の直後は雨になる確率が高いそうです。

月の労働時間

1日8時間、週に40時間、月に160時間を超えての労働は許されていません。
それ以上の労働時間となる場合には、時間外労働手当を支給する必要があります。
時間外労働手当は通常の給与よりも高くする必要があります。

月のことわざ

「雨夜の月」「月と鼈」のように月をモチーフにしたことわざは日本にいくつも存在します。
これは日本だけにとどまらず、世界共通の事象です。
それほど月は人々の印象に強く残るものだということです。

月の歌詞

ことわざや短歌、俳句などと同じように、歌にも月を含むものはたくさん存在します。
古代だけではなく、現代においても月が人々に影響を与えているのがよくわかります。
月が歌詞に登場するのは世界共通です。

スポンサーリンク