研究の意味と意義

スポンサーリンク

研究とは

研究というのは、特定の人や特定の物、特定の事象について詳しく調べていくことを言います。
調べ、考え、まとめることで事実や真理を明らかにすることを目的としています。
自分が興味を持ち、理論的に調べ、考え、まとめることが出来ればそれは研究であり、研究とならない物事は存在しません。
基本的にはありとあらゆるものが研究対象となり、研究することが可能です。
研究対象は有名人、一個人から、宇宙や深海のこと、人体のこと、幽霊のことなど気になったもの全てが該当するため、しようと思えばだれでも研究を行うことが出来ます。

研究所とは

研究所というのは研究を行う場所の名称です。
研究の内容やジャンル、目的、設立者、責任者など様々な要因によって分けられています。
世界中に何万もの研究所が存在し、様々な事柄を研究しています。
多くの場合研究所には研究者が在籍し、専門的にその事象を研究しています。
研究所では同じ事柄を研究する研究者が複数人在籍していることが多く、研究内容を共有することによってよりレベルの高い研究を行っています。
このように研究所では研究に集中したり、情報を共有したりするために存在しており、集団で研究をするには不可欠な施設です。

スポンサーリンク

研究をする意味

研究をする意味は様々です。
原因不明の事象が発生すればそれについて詳しく調べ、考えて研究を行います。
そしてその事象を解明することで、人類に害があるのかどうかを知ることが出来ます。
その事象が人類にとって害のあるものであれば立策を講じる必要がありますし、ない場合は利用する術を考えることも可能です。
いずれにしよその事象を知らなければ恐怖の対象でしかなく、有効活用もなにもできません。
研究というのはこの世に存在する様々な事象を調べることで危険性の把握や利用方法を考えるために行われます。

研究の抄録とは

研究における抄録とは簡単に言うと内容の抜粋です。
研究報告などの中から必要な個所を抜き出し、最初に掻き出すことによって報告の内容を分かり易くする目的があります。
当然好き勝手抜き出せば良いというものではなく、抜き出した文章はそれだけで内容が完結するほど完成されたものでなければなりません。
その短い文章の中で理論が完成しており、整然と文章が書かれている必要があります。
逆に言えば、これさえできていればどのような抜き出し方をしても構わないということです。
抄録に決まった書き方は存在しませんが、多くの場合定型を利用します。

スポンサーリンク