小学校について

スポンサーリンク

小学校とは

小学校というのは日本における一番最初の義務教育の施設です。
日本では1年生から6年生までの6年間が小学校に通う期間となっており、入学と卒業の年齢も決まっています。
海外における小学校では仕組みが違う場合があります。

小学校の入学年齢

日本では、小学校は6歳で入学すると決まっており、例外はほとんどありません。
入学年齢が決まっているため、同級生はすべて同じ年齢となります。
それによりクラス内における格差を少なくし、平等な教育を行えるようにしています。

小学校のランキング

小学校にも私立が存在するため、小学校ランキングも存在します。
偏差値や環境における点数化がなされており、順位がつけられている場合があります。
公立小学校にもランキングはありますがそれほど重要視されていません。

小学校の入学式

小学校の入学式は全国でほぼ同時期に行われます。
入学式には基本的に入学する小学生と教員、保護者が出席することになります。
中学校以上の入学式とは違い、小学校では保護者が出席しない入学式というのはほとんど存在しません。

小学校の歴史

小学校は明治時代にそれ以前までの寺子屋から変化をして誕生しました。
その当時は全国規模での教育ではありませんでしたが、のちに政府によって初等教育が定められ、全国に小学校が設立されました。
そして義務教育が始まり、全ての人々が学校に通うこととなりました。

スポンサーリンク

小学校の先生

小学校の先生は、中学校や高校とは違い、そのクラスにおける全教育を担当する場合が多いです。
国語や算数、理科、社会とほとんどの科目を担当し、行事における引率なども行います。
クラスのまとめ役としてクラスの一員となることが多いです。
一方で音楽などの専門性が高いものについては別の先生が担当する場合もあります。

小学校の行事

小学校の行事としては運動会や文化祭、遠足、修学旅行などがあります。
いずれも様々な経験を積むために行われています。
小学校によっては独自の行事を設けている場合もありますが、多くの場合は全国で共通しています。
一部地域では風習による行事がある場合もあります。

小学校のホームページ

小学校のホームページでは学校内の写真や担当教員、学校の特色などが書かれている場合が多いです。
近年は個人情報保護の観点から子供達や先生の写真やプロフィールは掲載されない傾向にあります。
今後も個人情報保護を重視していき、プライバシーに配慮したサイト作りがなされると思われます。

小学校の卒業式

小学校の卒業式は入学式と同じく保護者同伴で行われることがほとんどです。
入学式と違う点として、最高学年を見送るために5年生やそれ以下の生徒が参列する場合があります。
卒業のタイミングは12歳の時と決まっており、12歳で全員同時に卒業します。

小学校と中学校

小学校と同じく中学校も義務教育です。
小学校が6歳から12歳までであり、中学校は12歳から15歳までです。
日本の義務教育はこの9年間と決まっており、これ以上でもこれ以下でもありません。

スポンサーリンク