山口の魅力について

スポンサーリンク

山口の温泉がある道の駅

道の駅阿武町、道の駅おふく、道の駅願成就温泉、道の駅蛍街道西ノ市の4ヶ所です。
特に道の駅阿武町は、1991年に道の駅の実験施設としてオープンしたことから、道の駅発祥の地の一つとして知られています。

山口県の伝統イベント

防府市にある玉祖神社の占手神事が山口県指定無形民俗文化財に指定されています。
境内で褌姿の男性2人が相撲のような所作を行います。
玉祖神社は、玉祖命(たまのおやのみこと)を祀る神社で、勾玉を作った神様ですが、今では眼鏡の神様として信仰されています。

山口県の釣り情報

山口県は、日本海と瀬戸内海の両方に面しているので、荒々しい磯釣りから穏やかな投げ釣りなど色々な釣りが楽しめます。
日本海側では高級魚であるノドグロを釣ることができ、なんと小型なら漁港にまでノドグロは入り込んでくるのです。

山口県の事件・事故情報

山口県警察の公式サイトにある事件・事故のページから知ることができます。
交通事故や窃盗・暴行といった犯罪だけでなく、暴風警報による災害警備本部の設置といった県警の動きまで掲載されています。
山口県警察公式サイト:http://www.police.pref.yamaguchi.lg.jp/contents/incident_info.html

山口のニュースを知る方法

地域ごとのニュースを伝える情報サイト「47NEWS」の山口県のページで知ることができます。
47NEWSでは、各都道府県ごとの地方新聞が発信する地域情報を知ることができるサイトです。
47NEWS:https://www.47news.jp/localnews/prefectures/yamaguchi

スポンサーリンク

山口県のプロサッカーチーム

J2リーグに参加しているレノファ山口FCがあります。
1949年に創設された山口県内の教員を中心として「山口県サッカー教員団」が発症で、1976年の天皇杯にも中国地区代表として出場をしています。
「レノファ山口FC」としての発足は2006年で、当初は任意団体として活動していました。
Jリーグ入りは2015年からです。

山口県立美術館の見どころ

雪舟と香月泰男のコレクションが見どころです。
雪舟は、中国に渡り画を学び、帰国後は山口を中心に活動した、言わずと知れた水墨画の大家です。
香月泰男は、シベリアシリーズで第1回日本芸術大賞を受賞した山口県出身の画家で、シベリアシリーズ57点のうち8点が山口県立美術館に所蔵されています。

山口県防府市出身の作家

伊集院静、高樹のぶ子がいます。
2009年にアニメ映画にもなった高樹のぶ子の「マイマイ新子」は防府市が舞台となっています。

山口県出身の総理大臣経験者

全国最多の9人がいます。
初代総理大臣の伊藤博文から山縣有朋、桂太郎、寺内正毅、田中義一、岸信介、佐藤榮作、管直人、安倍晋三の9人です。

山口百恵の現在

伝説的なアイドルだった山口百恵は、1980年に俳優の三浦友和と結婚し、引退しています。
引退後は一貫して表舞台に出ることなく専業主婦を貫き、俳優で歌手の三浦祐太朗、俳優の三浦貴大の2人の子供を育てた傍ら、キルト作家として東京国際キルトフェスティバルに作品が出展されることもあります。

山口崇の代表作
1971年から1972年に放送された時代劇「天下御免」の平賀源内役です。
「大岡越前」では30年近くも徳川吉宗を演じています。
また、クイズ番組「タイムショック」の2代目司会者も務めています。

スポンサーリンク