新潟県の魅力発見

スポンサーリンク

新潟県の高校偏差値ランキング2018

新潟県の高校で、偏差値が一番高いのは、偏差値73の県立新潟高校理数科です。
次いで偏差値71で、やはり新潟高校の普通科となっています。
3番手は県立新潟南高校の理数科で偏差値69、新潟南高校の普通科が偏差値66と続き、理数科から普通科に続いているのが新潟県の高校偏差値ランキングの特徴と言えるでしょう。

新潟県の医学生への奨学金制度

新潟県には、新潟県医師養成修学資金貸与制度があり、将来新潟県の地域医療を担う医学生を援助する制度となっています。
新潟県出身もしくはゆかりがあり、新潟県外の医大で学ぶ学生に対し、国立大で月15万円、私立大で30万円を貸与しますが、医師免許取得後に貸与期間の1.5倍の期間、新潟県内の医療機関で従事すれば、貸与金の返済は免除されます。

新潟県の交通死亡事故発生状況

新潟県庁のサイト内にある、交通死亡事故発生のページから確認することができます。
新潟県は、新潟県警察のサイトにも交通事故情報はありますが、新潟県のサイトでも充分な情報が得られるでしょう。
新潟県庁・死亡事故発生:http://www.pref.niigata.lg.jp/kenminseikatsu/1356830894508.html

新潟県の交通事故マップ

新潟県警察の公式サイトで交通事故マップを見ることができます。
マップは新潟県全体図、新潟地区周辺、県央地区周辺、上越地区周辺、中越地区周辺、下越地区周辺の6つに分類されています。
発生地点をクリックすることで、事故の概況を確認することもできます。

新潟県の大型イベント会場

新潟県の大型イベント会場のひとつに朱鷺メッセ新潟コンベンションセンターがあります。
朱鷺メッセは、10000人収容可能な大ホールを備えていて、大型イベントにも対応が可能です。
併設されているBefcoばかうけ展望室は、地上約125mと日本海随一の高さを誇り、佐渡島まで見渡すことができる展望室です。

新潟県の積雪予報

日本気象協会の公式サイトにある新潟県のアメダス実況から、積雪量と予報を知ることができます。
アメダスは、各所にある無人観測施設である地域気象観測システムの通称で、Automated Meteorological Data Acquisition Systemの頭文字を並べたものです。
日本気象協会・新潟県のアメダス実況:https://tenki.jp/amedas/4/18/snow.html

スポンサーリンク

新潟県の積雪量記録

気象庁の公式サイトにある歴代観測史上ランキングによると、新潟県の積雪量の記録は、1981年2月9日に守門で記録した463センチです。
この463センチの記録は、全国でも歴代3位の記録で、1位は意外にも滋賀県伊吹山の1182センチです。
歴代ランキング20位の中に、新潟県は9ヶ所もランクインしていることからも、新潟県の豪雪ぶりが分かります。

新潟県が観測史上1位となっていること

新潟県が観測史上1位となっていることは2つあり、一つは最大10分間降水量で、もう一つは最低気温の最高値です。
10分間の降水量は、2011年7月26日に室谷で観測された50ミリで、1時間に30ミリ以上で災害の可能性が高くなりますから、10分で50ミリはかなり危険な状態です。
最低気温の最高記録は、1990年8月22日に糸魚川で記録された30.8度で、雪国の新潟でも、夏場はフェーン現象で気温が上昇しています。

新潟県湯沢町の天気の特徴

温泉や川端康成の小説「雪国」で有名な湯沢町の天気は、平均気温が11度から12度と低く、冬場に降雪量が多い日本海側の気候となっています。
年間の降水量は2000ミリ程度で、県内の他の山沿いの地域では3000ミリを超えることを考えると、湯沢町では降水量があまり多くありません。

新潟県妙高市で養殖しているもの

妙高市では、妙高ゆきエビの商品名で、バナメイエビを養殖しています。
富山湾の海洋深層水と秀峰、妙高山からの豊かな雪解け水を利用した、農林水産大臣賞を受賞している日本初の屋内型生産システムで、高品質のエビを育てています。
バナメイエビは、メキシコからペルーの温かい海に生息するエビで、東南アジアで盛んに養殖されています。

新潟県村上市の観光

村上市は、新潟県の北東に位置し、かつては村上藩の城下町として栄えた新潟県の中でも最大面積の市です。
海岸は、「笹川流れ」として国の名勝及び天然記念物に指定されています。
道の駅笹川流れでは、JRの駅と夕日を眺める為のサンセットブリッジが併設され、全国でも珍しい形の道の駅です。

スポンサーリンク