水墨画の良さとは

スポンサーリンク

日本の水墨画に影響を与えた作家

宋末元初の僧である牧谿(もっけい)は、多彩な水墨技法を駆使し、日本の水墨画に影響を与えた作家の一人である。彼の作品は鎌倉時代に日本に伝わった。牧谿の独特な技法により描かれた湿潤な大気を感じさせる水墨画は評価が高く、国宝、重要文化財に指定された作品も多くある。

水墨画で使用する墨

水墨画で使用する墨は大きく分けて二種類ある。一つは松煙墨といい、青系黒の墨色でやわらかい表現に使用する。もう一つは油煙墨といい、茶系黒の墨色で深みのある表現に適している。水墨画用の墨と書道用の墨の違いは、成分の膠の割合が異なり、水墨画の方が比較的膠が多く含まれている。

水墨画画家の長谷川等伯

長谷川等伯は、自らを「雪舟五代」を名乗り、長谷川派の長として活躍した画家である。有名な作品は松林図屏風であり、近世日本水墨画の代表作の一つであり、国宝である。

水墨画題材で人気の牡丹

中国では牡丹は繁栄や富を象徴する花として愛されており、それが水墨画家の作品にも表れておりよく使われてきた。水墨画において、牡丹は非常に人気の高い題材である。

スポンサーリンク

水墨画の五つの技法

水墨画には墨の濃淡を使って、変化を表現する技法が五つある。一つめは片隅(かたぐま)といい片側を濃く描くことでものの立体感や奥行きを表現する技法。二つめは先隅(さきぐま)といって先端を濃く描くことで、ものの立体感や色の変化を表現する技法。三つめに両隈(りょうぐま)といって両側を濃く描くことで、ものの輪郭を強調する技法。四つめが元隅(もとぐま)といって根元を濃く描くことで、花弁の重なりや上下の色合いの違いを効果的に表現する技法。五つめが内脈といって中心に脈のような線を入れることで、葉脈や対象物の色の変化を濃淡で表現する技法である。

水墨画の竹の描き方

水墨画をやる上で竹は基本的な技術がつまっており、初心者向けのテーマとも言える。まずは竹の幹から描きはじめる。その際に竹の節の所で1回止めるようにする。そして筆先を整えて葉っぱを描く。最後に節から生えるように竹の枝を描く。

水墨画の展覧会

水墨画の展覧会は多数行なわれている。公募では、雪舟国際美術協会が主催する雪舟国際美術協会展や、現代水墨画協会が主催する現水展などがある。

水墨画作家、雪舟

水墨画の有名作家の一人に雪舟があげられるだろう。雪舟は応永27年に現在の岡山県総社市である備中国赤浜に生まれ、天章周文に絵を学んだ。雪舟の作品は、その数多くが国宝や国の重要文化財に指定されている。代表作に「破墨山水図」「天橋立図」「秋冬山水図」「四季山水図(山水長巻)」などがある。

雪舟の水墨画が展示されている東京の美術館

雪舟の作品が展示されている東京都内の美術館は主に三つある。一つは東京国立博物館、二つめに東京藝術大学大学美術館、三つめが出光美術館である。

スポンサーリンク