知多半島のプチリサーチ

スポンサーリンク

知多半島の観光

知多半島は、愛知県の南西に突き出ている半島です。西側は伊勢湾に、東側は三河湾に面しています。知多半島内には5市5町(半田市・常滑市・東海市・大府市・知多市・阿久比町・東浦町・南知多町・美浜町・武豊町)があり、なかでも常滑市はセントレア空港があることから、観光の拠点になっています。

知多半島でドライブ

知多半島を観光する際には、ドライブがメジャーになっています。半島内を名鉄が縦断していますが、全ての観光地を網羅してはいないので、車のほうが動きやすいと言えるでしょう。

知多半島道路の料金

知多半島内では、名古屋市から半田市まで知多半島道路という一般有料道路が通っています。路線延長は20.9キロです。大高ICから半田ICまでの最安料金は、460円です。

知多半島を地図でみると

地図でみると、知多半島は海沿いに名鉄の線路が配置され、中央丘陵部に道路が縦断しています。南北の移動がしやすくなっているのは、名古屋からのアクセスをよくするためです。

知多半島は釣りに最適

車でも電車でも、名古屋から30分から1時間で到着する知多半島は、手軽に釣りが楽しめます。陸釣りでは、タコやキス、セイゴなど様々な種類の魚が釣れます。釣った魚を新鮮なうちに持って帰れるのも魅力です。

スポンサーリンク

知多半島の釣り船はどこでのれる?

船に乗って釣りを楽しみたいなら、知多半島先端の南知多町に行くといいでしょう。たくさんの釣り船屋があり、ボートで海に漕ぎ出せます。ブリやアジ、マダイなどの魚を釣ることができます。船だけでなく釣り具のレンタルができる店もあるので、手ぶらで行っても楽しめます。

知多半島は朝市がオススメ

もしも、釣れなかった場合も安心してください。知多半島の南知多町には師崎漁港朝市という、新鮮な魚が集まる朝市が開催されています。水曜定休で、時間は8時から正午までです。そこで手に入れた魚をお土産にするのも、喜ばれるでしょう。

知多半島にある日帰り温泉

知多半島の観光の目玉として、南知多温泉郷があります。宿泊はもちろん、日帰り温泉も充実してぃす。そのうちのひとつ、うめ乃湯は、まるは食堂に隣接しているので手軽に立ち寄れるのが魅力です。

知多半島といえば、 まるは食堂ですよ

うめ乃湯に隣接しているまるは食堂は、知多半島の海の幸が楽しめます。刺身はもちろん美味しいですが、看板メニューは、ジャンボエビフライ。ちなみに、名古屋の方言ではエビフライのことを「エビフリャァ」と言います。

知多半島にも眼科はちゃんとある

観光中に事故や怪我が起こることもあるでしょう。知多半島内には眼科も何件もあるので安心です。

知多半島は、名古屋からのアクセスがとてもよく、自然が豊かで、釣りなどが楽しめる観光地です。ドライブしながら季節の移り変わりを感じることもでき、充実した時間を過ごせるでしょう。

スポンサーリンク