雪についてのプチリサーチ

スポンサーリンク

「雪」が歌詞に入る有名な歌

「雪」が入る歌詞で有名な歌といえば、同様の「雪」があげられるだろう。歌詞は以下の通りである。
雪やこんこ あられやこんこ 降っては降っては ずんずん積もる
山も野原も わたぼうしかぶり 枯れ木残らず 花が咲く
雪やこんこ あられやこんこ 降っても降っても まだ降りやまぬ
犬は喜び 庭駆け回り 猫はコタツで丸くなる

家庭でできる大雪対策

大雪が降ると、停電や電話が不通になる恐れがある。また、建物の入り口の前に雪が積もると外に出ることが出来なくなり、中に閉じ込められてしまう。車の使用も困難になり、外出が難しくなる。雪の重みで家屋の損壊や倒壊の恐れもある。万が一に備えて、水や食糧、燃料などの備蓄があると良い。また長期の停電に備えて、使い捨てカイロや予備の電池、懐中電灯や携帯ラジオなどがあるといいだろう。除雪用具を常備して、点検整備をこまめに行うと良い。

雪が降る目安

地上で雪になる目安は、地上の気温が3℃以下で、上空1500m付近の気温が氷点下6℃以下の時である。上空でできた雪の結晶が地上に降ってくる途中で溶けたものが雨で、溶けずにそのまま降るものが雪である。降水が雪になるという判断は複雑である。

スポンサーリンク

現在の雪に関するニュース

2018年4月4日現在では、日本国内で雪に関するニュースは発表されていない。

雪と積雪

雪とは大気中の氷の結晶が落下中に解けて雨にならずに落下してくる天気のことである。雪の状態を細かに表した、淡雪、薄雪、粉雪、細雪、どか雪、べた雪、ぼたん雪、綿雪などの表現がある。
積雪とは地面に積った雪のことで日本雪氷学会では、雪質によって積雪を新雪、こしまり雪、しまり雪、ざらめ雪、こしもざらめ雪、しもざらめ雪、氷板、表面霜、クラストの9種類に分類している。

首都高で雪による通行止め

首都高速道路で2018年1月に起きた大雪による通行止めは、首都高速1962年の開通以来、規制路線20路線、本線規制時間97時間、総延長距離230kmと、そのどれもが過去の記録を塗り替えた。

雪の美術館

雪の美術館は北海道旭川市にある、ヨーロッパのビザンチン様式を用いて1991年5月に建てられた。全体に白を基調とした建物で、アーチやドームなどの曲線が多用されている。エントランスには雪の紋章がある。氷の回廊では、大きな氷柱に圧巻される。これは特殊な形状のノズルで地下水を霧吹き状に凍らせて作られている。また工夫がされている為、夏でもこの氷柱を見る事が可能だ。

スポンサーリンク