魅力たくさん、青森

スポンサーリンク

青森の特産品

冬の寒さが厳しく、中には豪雪となる地域も多い青森県では冬の食材を保存しておく為に食品の加工技術が発達している。野菜や果物、水産物や山菜など、多岐に渡った素材の加工品がある。

青森県内TV局の夕方ニュース番組

青森県内TV局の夕方ニュース番組は、NHK青森放送局のアップルワイド(平日)、NHKニュース青森645(週末・祝日)、RAB青森放送のRABニュースレーダー(平日)、東置日報ニュース(週末)、NNNニュース(年末年始)、ABA青森朝日放送のスーパーJチャンネルABA(平日)、スーパーJチャンネル(土曜日、年末年始)、報道ステーションSUNDAY(日曜)、ATV青森テレビのわっち!!News(平日)、報道特集(土曜)、Nスタ(日曜・年末年始)が主に挙げられる。

青森でオススメのお土産

青森でオススメのお土産といえば、「気になるリンゴ」だろう。シロップに漬けた青森産の「ふじ」が丸々パイに包まれている。とても贅沢な一品であり、多くのマスメディアに取り上げられている人気のお土産である。価格は一個700円である。

青森県営浅虫水族館

青森県営浅虫水族館は、青森県青森市にある水族館である。水族館棟、ショープール棟、イルカ館、海獣館の4つの展示がある。2018年の今年は1983年7月23日の開館から35周年を迎え、35周年記念特別展時「いのちの誕生」や年間パスポートの35周年記念デザインなど特別なイベントが開かれている。

地図から見る青森

地図で見ると青森県は本州の最北端に位置する。そして津軽海峡に二つの半島が突き出ている。一つはまさかりの斧に喩えられる下北半島、もう一つは大間崎である。

スポンサーリンク

県庁所在地の青森市

青森県域のほぼ中央に位置する青森市にある。歴史において青森港は北方の重要な位置を占め、地理的な条件の良いよさから県庁所在地となった。県庁所在地である青森市の人口は平成30年現在で285,158人であり、ここ10年では約2万3千人減少しており、人口減少は重要な課題となっている。

青森空港へのバスによるアクセス

青森市内から青森空港へのアクセスは、バスの利用が便利である。青森駅前から出ており、所要時間は約35分、料金は大人700円、小人350円となっている。弘前市内からのアクセスは、弘前バスターミナルからの出発となり、所要時間約60分、料金は大人1000円、小人500円となっている。

青森市営バスの利用方法

青森市営バスは、中央の乗り口から乗車し、前方の降り口から降車する。整理券の利用が必須である。降車の際は降車ボタンを押す。乗車料金は車内にある料金表示器で確認して、整理券とともにお金を運賃箱に投入する。

青森県の交通事故発生状況

平成29年は、前年より発生数・死傷者共に減少した。月別で見ると事故発生件数は7、8月の夏季と降雪期である1、2月に多い。時間帯は、朝の通勤時間帯や、夕暮時に多発、また死亡事故は4時から8時、14時から18時に多く発生した。 

青森県出身の有名人といえば

青森県出身の有名人といえば、俳優の松山ケンイチだろう。むつ市の出身であり、数々の映画に出演し実力派俳優として活動している。また最近ではサッカースペイン1部リーグ、ヘタフェCFに移籍した柴崎岳も青森県出身である。

スポンサーリンク