魅力いっぱい福井 恐竜など

スポンサーリンク

福井県の気候

福井県は日本の中央部に位置することから、日本の気候の特徴でもある温暖湿潤気候です。
しかしながら、日本海側に面していることから、冬場の積雪量は多く、日本有数の豪雪地帯のひとつとなっているのです。

福井県の番組表

福井県には民放局が2局しかありません。
日本テレビ系のFBC福井放送とフジテレビ系のFTB福井テレビの2曲だけです。
テレビ朝日系とTBS系の番組は、それぞれ民法2曲に振られて放送しますので、民法がそろっている地域からすると、違う系列の番組が混ざっている番組表に困惑することでしょう。

福井県の地方ニュースを知る方法

福井新聞オンラインで、福井県のニュースを知ることができます。
福井新聞は、福井で朝刊のみ発行されている新聞で、発行部数は20万6500部とシェア率70%の福井県を代表する新聞です。
福井新聞オンライン:http://www.fukuishimbun.co.jp/category/news-fukui

福井県のおくやみ情報

福井新聞弔電サービスの「わたっくす」で福井県のおくやみ情報を知ることができます。
福井新聞に掲載された訃報を知るだけでなく、一部の訃報では直接弔電を送ることができるようになっています。
福井新聞弔電サービス「わたっくす」:https://w3.fukuishimbun.co.jp/watax/010_form/condolence.php

福井県の交通事故推移

福井県警察の発表によると、人身事故件数は平成27年の2188件に対し平成28年では1847件と341件の大幅減少となっています。
事故件数は減ったものの、死者数は平成27年の47人に対し平成28年は51人と残念ながら増加しています。
傷者数は平成27年が2572人で平成28年が2141人と、431人の大幅減少となりましたが、一方で物損事故は123件の増加となっています。

スポンサーリンク

福井県の釣り情報

福井県は、敦賀湾での海釣りもありますが、九頭竜川がサクラマスの整地と呼ばれるほど、サクラマス釣りが盛んです。
九頭竜川では場所により禁猟期間が定められていて、2/1から5/31までと2/16から5/31まで、2/16から9/30までの3つのパターンに分けられています。
サクラマス釣りをする場合には、遊漁料を支払わなければなりません。

福井県敦賀市にある研究用原子炉

日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」です。
通常の原子力発電所が経済産業省の所管であるのに対して、「もんじゅ」は研究用のために文部科学省の所管になっています。
度々冷却用ナトリウムの漏洩などトラブルが起こり、2016年に廃炉が決定しています。

福井の定番お土産

福井県は日本海のサバが名産で、焼きサバの押し寿司が定番のお土産です。
同じ押し寿司でも、関東では高級魚の「のどぐろ」を使った寿司もあります。
変り種としては、燻製のつるし柿をチョコレートで包んだ「今庄つるし柿チョコレート」もあります。

福井の新しいブランド米

平成29年度に最高の食味である特Aを獲得した「いちほまれ」です。
「こしひかり」発祥の地である福井県が6年の歳月をかけて作ったお米で、「日本一美味しい、誉れ髙きお米」になってほしいとの願いを込めて名付けられています。

福井から東京までの高速バス運賃

杉崎観光バスやさくら観光、トラベルマルシェなど複数の高速バスが運行していて、最安値だと3000円以下もありますが、大体5000円前後の運賃となっています。
なお、福井・東京の乗車時間は、8時間から10時間で、福井を夜に出発し、東京に朝着くようになっています。

福井空港の特徴
福井空港には定期便の離発着はなく、自家用プロペラ機やグライダーの発着が主になっています。
特にグライダーは多くの大学の航空部が訓練を行っていて、グライダーを他の航空機で引っ張って離陸される訓練が行える国内でも数少ない空港です。

スポンサーリンク